> カテゴリトップ > 職務経歴書の書き方(基本) > 職務経歴書に書くべき項目

職務経歴書に書くべき項目

前項では、職務経歴書全般で必要な項目を説明いたしました。
職務経歴書には、上記の必須項目のほかに、あなたが経験した職種に応じて記載すべき項目があります。
このページでは、経験職種ごとに職務経歴書に記載すべき項目を説明していきます。

営業職経験→営業実績

年度ごともしくは在籍期間中に売り上げた金額や、実績など営業の実績を記載するようにしましょう。
あまりに実績がない場合は記載しないほうが良い場合もあります。

SE/開発職経験→プロジェクトの担当・規模・期間など

SEやプログラマなどの開発職の経験を書く場合には、プロジェクトの規模や期間をを記載するようにしましょう。
その際に、自分がそのプロジェクトでんな担当を担ったのかを記載し、プロジェクトの規模や期間なども記載するようにしましょう。

アライアンス経験→提携先などの記載

企業のアライアンス営業などを経験職種として記載する場合には、提携を行った相手先企業を記載し、自分がその中でどんな役割を担ったのかをしっかりと記載しましょう。

職務経歴書の形式

形式自由でも踏まえるべき「常識」

A4用紙に縦書きが基本

職務経歴書の必須項目

職務経歴書に書くべき項目

在籍した会社に1枚づつ

スポンサードリンク