> カテゴリトップ > 職務経歴書の書き方(応用) > これからのポテンシャルを感じさせる

これからのポテンシャルを感じさせる

採用担当者は職務経歴書で判断するのは職務経歴書に記述された経歴、キャリアなど「過去の事実」だけではありません。
あなたが、これからどのように会社で成長するのか、どのように会社の成長に貢献してくれるのか、「未来のポテンシャル」を判断しています。
むしろ、採用担当者にとってあなたの過去の実績よりも未来への期待のほうが大きなウェイトを占める事も少なくありません。

将来に期待ができれば現時点での経験不足は補える

あなたがまだ若く、職務経験が浅くても心配はいりません。
職務経歴書の書かれたこれまでの仕事のエピソードから、今後の成長性を感じさせるような内容であれば、きっと人事担当者はあなたを高く評価してくれることでしょう。
それには、あなたがどんな姿勢で仕事に取り組んだか等、あなたのポテンシャルを感じさせる記述をするように心掛けましょう。

履歴書の書き方のフォーマットの見本

職業履歴の羅列だけではダメ

職務経歴書は、あなたの人物を語ることが大切

これからのポテンシャルを感じさせる

職務経歴書のアピール力アップ(営業職編)

職務経歴書のアピール力アップ(SE/開発職編)

スポンサードリンク